3タイプのニューハーフ | 風俗の新常識!? あなたもニューハーフヘルスで未知の快感を…
menu

3タイプのニューハーフ

横ストライプの服を着ている女性

ニューハーフヘルスに在籍するニューハーフは、むろん元男性。
つまり竿がある男性が多くいるので、お好きな方にはおすすめです。
まだアダルトビデオなどでしか見たことがない、実際に見たことも、触ったこともないという人に少しどんなものなのか説明したいと思います。
ニューハーフヘルスに在籍する女性は元男、ニューハーフのなかには3種類のタイプがあるというのをご存知でしょうか?
もっとも多いのが、竿も玉もあるというニューハーフです。
つまり股間周りだけ男性というパターン。ニューハーフ好きの男性はこのタイプを好まれる方も多いのではないでしょうか。
女性ホルモンを摂取したり注射している場合は竿があまり立たない場合もありますが、多くの方は勃起します。
なのでお尻を掘られたいとか、射精させたいという男性はこのタイプのニューハーフがおすすめです。
さて、次にご紹介したいのが竿はあるけど玉がないという女性。
このタイプの女性は玉がある女性と比べて勃起力が少なく、あまり硬くないです。
なので、お尻を掘られる際も柔らかいので、切れやすかったりあまり強くないという初心者の男性には向いています。
あと玉なしという状態はニューハーフならではなので、マニアな男性にもかなり好まれてますね。
次が玉も竿もないという女性です。この場合は女性器がついており、本人のメンタルもかなり女性に近いです。
でも男性の快感、どこを触られれば気持ち良くどこが不快か、などはかなり心得ているため、女性に触られるよりも快感かと思います。
だいたいこの3タイプですが、他にも女性ホルモンを摂取しているか否かの違いもあります。